kappiiのグリーフとか

32歳の時(2018年)に亡くした妻へのグリーフ

(アナベル)「アナベル死霊館の人形」をまた観た

タイトル:アナベル死霊館の人形

上映年:2014年

上映時間:95分

ジャンル:ホラー

制作国:アメリ

概要:子どもの誕生を目前に控え、幸せいっぱいの毎日を送っていたジョンとミア夫妻。ジョンは人形好きなミアにプレゼントするため、ウェデイングドレス姿の美しいアンティーク人形を手に入れる。しかしある晩、彼らの家をカルト集団の一味が襲撃し、人形に邪悪な呪いをかけてしまう。それ以来、人形をめぐって次々と不可解な出来事が起きるようになる。

 

 

kappii.hatenablog.com

 

前作の「死霊館」を観たから、今回は制作順に観ていこうと思う。

今作が死霊館シリーズの2作目。

いやー「アナベル人形」が怖い。

チャッキーなみに怖い。

まあ、チャッキーみたいに自由に動くわけではないが。

「動かない」ならではの怖さがある。

動かないと言っても捨てたのに、また現れるという現象はある。

日本映画的な怖さかも?

 

そもそもアンティーク人形が怖い。

日本で言う一松人形。

プレゼントにするにはちょっとね・・・。

作品中の妻は人形収集家っぽいけど、この人形だけは不気味だからと。

 

プレゼントされた時は綺麗だったけど、段々と汚れていく。

綺麗な時も不気味だったけど、汚れた状態はやばい。

最終的にはウォーレン夫婦が厳重に管理する。

 

この作品も他と同様に事実に基づいているらしいが、アナベル人形も実在するのかな?