kappiiのグリーフとか

32歳の時(2018年)に亡くした妻へのグリーフ

サガフロンティア リマスターをプレイ中

懐かしいゲームのリマスター版

従来版に主人公追加とイベント追加、早回しモードもある。

 

最初にプレイしたのは中学生くらいか。

20年以上は前。

もともとはPS1の作品。

次にやったのは社会人になってからか。

PSVitaPSPで出たのでめっちゃプレイした。

7人いる主人公をほぼ2周くらいしたか。

 

自由度が高いRPGなのがサガの特徴。

何処行っても良いし、何から進めても良い。

だからこそ初めてだと詰まり、リセットする羽目になることもある。

何周かしていると、効率の良い進め方、つまりは戦わずして強い武具の収集方法が分かってくる。

これが楽しい。

 

プレイ出来るキャラには種族があり、ヒューマン、メカ、妖魔、モンスター等、それぞれ特有の育て方がある。

また、武器も剣(刀)、銃(重火器)、パンチ(武器?)と多彩な上、術もある。

全体を把握するためには何周もプレイするのが前提である。

 最初は分けわからんかった。

 

ところどころにサガ節を感じる。

画面「システムデータを作りますか?」

に対する選択肢が「なんで?」「作ります」「いらん」

みたいな、サガ独特の言い回しは相変わらず。

 

後、良いのが音楽。

イトケンこと伊藤賢治が作曲。

この作品以降のサガを担当している浜渦さんも良いが

ゴリゴリしたバトル曲はイトケンの方が好きかな。

 

ロマサガ2以降では技の「閃き」システムが導入され、武器やパンチで攻撃すると突然ピコーン!という音とともに頭の上に💡が出る。

より良い技は強い敵で閃きやすく、ギリギリの戦いにて閃きで勝つと燃える。

 

また、サガフロでは「連携」というシステムが初導入され、味方同士(あるいは敵同士)の技が繋がっていきダメージにプラス補正がされる。

連携でしか出ない特殊連携技や5人連携するとたまらない。

 

戦いが単純作業ではなく、色々と楽しい要素があるため飽きが来ない。

 

リマスター版では、久しぶりなので比較的簡単な「エミリア」からクリアを目指す。

 

ゲーム購入の際、少し「ニーアレプリカント」とも迷ったが気軽にできる方にした。

満足するまでクリアしたらニーアを買おう。

もしくはバイオハザードヴィレッジ。

f:id:kappii:20210430123916j:image

目玉焼きトースト作った(失敗)

さて、今日の朝ごはんはどうするか。

リサとガスパール目当てのウィンナー少々飽きてきたので、一旦休憩。

 

冷蔵庫を確認。

最近作っておらず、かつ残り物で簡単に出来るものにしよう。

 

それが「目玉焼きトースト」だ!

 

標準レシピ(?)はトーストにマヨネーズで土手を作りたまご乗っけて焼く。

以上だ。※レシピまとめは記事下段。

f:id:kappii:20210505094723j:image

 

冷蔵庫には新タマちゃんがあるので輪切りにして乗っけよう。

新タマネギが全然乗らない。

1/8個分しか乗らなかった。

残り1個と3/8個分。

 

トーストにはPascoの「超熟」を抜擢。

というかこれが好きなんだ。

焼くと外はカリカリ、中はふんわり仕上がる。

先日スーパーに行った時に3枚切り(元は6枚スライス)を見かけたので買ってしまった。

前からあったっけ??

f:id:kappii:20210505094555j:image

 

www.pasconet.co.jp

 

マヨネーズはキューピーのピュアセレクトを使用。

贅沢ですねー。

作る時は別にピュアセレクトじゃなくてもいいです。

単に私の好みです。

f:id:kappii:20210505094606j:image

 

ピュアセレクトは出力が細いのでトーストの外周を3周くらいしました。

たまごを乗っけた時にトーストがこぼれないくらい盛るイメージ。

 

たまごを乗っけるときは慎重に。

勢いが良いとトーストから逃げ出すので。

今回はタマネギの端が刺さったのか、黄身が割れちゃいました。

そういう意味で「失敗」をつけました。味には問題なし。

f:id:kappii:20210505094708j:image

 

後はこんがり焼くだけ。

うちのオーブントースターはトーストボタンがあり、トーストの枚数を選ぶことができる。

でもタマネギやらたまごが乗っているので、全く推定どおりいかず・・・。

ちょいちょい焼き加減を見ながら完成を待つ。

マヨネーズの色が変わり、目玉焼きの白身が固まり始め、トーストもこんがりし始めたらOK。

最後に黒胡椒をかければ完成。

f:id:kappii:20210505094723j:image

 

感想。

美味しい!

久々に作ったけど、少し焦げたマヨネーズとたまごがマッチしている!

あいかわらずトーストもカリッカリ!

新タマちゃんも美味しいのだが、ちょい食べ辛い。

一口目からタマネギが一度に引きずられて来た。

何はともあれ美味しかったー。

また作ろう。

 

下記、材料と作り方概略。

■目玉焼きトースト

[材料]

・トースト(1枚)

・タマネギ(1/8個)

・たまご(1個)

・マヨネーズ(適量)

・黒胡椒(お好み)

 

[作り方]

1:タマネギを輪切りにする

2:トーストにタマネギを乗せる(耳部分は少し空ける)

3:↑の外周に土手を作る感じでマヨネーズを盛る

4:↑にたまごを慎重に割り入れる

5:↑をオーブンやトースターでこんがりするまで焼く

6:焼けたら黒胡椒をかける

完成!

タマネギとアンチョビのパスタ作った

スーパーに行くと目の前には大きな「新タマネギ」。

 

新タマネギを見るといつも作りたくなるパスタがある。

それが「タマネギとアンチョビのパスタ」。

何回も作っている(得意料理は言えないけど)。

f:id:kappii:20210503213527j:image

 

あるサイトを参考にした(というか丸パクリ)のパスタだ。

rokisukefile.blog84.fc2.com

 

主な材料はタマネギとアンチョビ、パスタ。

オイルソースのパスタとなる。

作り方も至ってシンプル。

・タマネギ炒める

・アンチョビ溶かす

・茹で汁加え乳化させる

・パスタ投入して混ぜる

終わり

 

非常にシンプル。

だが注意すべきポイントがある。

・タマネギをじっくり炒める

・良いアンチョビを選ぶ

これが難しくて得意料理とはかけない理由だ。

 

このパスタはほとんどタマネギの甘味とアンチョビの塩分で出来ている。

なので、味はこの二つに依存するといって過言ではない。

 

そのためタマネギは出来れば新タマを選択。

そしてジックリと炒めるのだ。

昔失敗したときは待てなくて甘みが足りなかった。

今回は相当粘った。

亜麻色ってもっと濃くなかったっけ?と思いつつ今回も妥協した。

色が全然変化しなくなったからだ。

 

アンチョビは缶の良いが余ったら困るので、いつもは瓶詰めを使う。

でも今回は初めて買ったアンチョビペースとを使用。どんどん悪くなっている気がする。

 

まあとくかく出来るだけレシピ通り作ってみる。

↓材料※パスタ写すの忘れてた。

f:id:kappii:20210503213549j:image

 

オリーブオイルはたっぷりめ。加熱はタマネギ入れてから。

↓タマネギが溢れている。大きなタマネギだったが、半分なんだけど。フライパンが小さいのかタマネギが多すぎるのか・・・。あと、切り方雑・・・。

f:id:kappii:20210503213601j:image

 

弱火でじっくり炒める。なんだか20分以上炒めてた気がする。

↓ちょっとこんじまりと変化。亜麻色か・・・?

f:id:kappii:20210503213615j:image

 

アンチョビを投入し混ぜたら、茹で汁を加え乳化させる。

レシピには4尾と書いてあったけど、ペーストなのでよく分からない。

適当に小さじ4杯入れてみた。お、多くない??

アンチョビペーストは水分が多いのか最初から水分たっぷり。

そしてアンチョビの香りが強い。

火を通している間に気にならなくなったけど。

これくらいにパスタを茹で始める。

今日は7分茹でタイプを使用。

↓水分が減るまで炒める。なんか思ってたんとちゃう・・・。

f:id:kappii:20210503213631j:image

 

茹で上がったパスタをソースに加えグルグル混ぜてお皿に盛る

最後に黒胡椒をゴリゴリ振りかければ完成。

バズレシピのリュウジさん曰く、黒胡椒は粒から砕くとすぐに香りを失うらしい。

かけたらすぐ食べる。

↓完成品

f:id:kappii:20210503213527j:image

 

感想。

今日の出来はかなり良い!

とても美味しかった。

いつもは塩味が強すぎたり、甘味が全然なかったりしたけど、

しっかり甘くて感動。

新タマが良いのかじっくり火を通したのが良かったのか。

 

みなさまも作るときは是非、新タマネギをご使用ください。

 

さて、余った一個半のタマネギどうしたものか・・・。

ボレーのスランプ

最近ようやくストロークが復活してきたのに、逆に退化したのが「ボレー」。

もともと軟式時代はずっと後衛をやっており、よほどのことがない限り前衛に立つことはなかった。

ボレーは基礎から分からず、苦手な分野だ。

卒業した後は後衛でも前に立つ様にルール改変があったそうだがよく知らない。

公式では1人プレーもあるので前衛も当然出来なければならない。

 

今のコーチの教え方は、

①相手が打つときに「ステップ(その場でジャンプ)」

②右側のボレーなら「右足を軽く出す」

③打つ瞬間「左足を大きく出す」

こんな感じ。

ちなみに左側のボレーなら逆。

以前は頭で考えなくともできていた。

 

が、最近の練習では足がうまいこと出せない。

タイミングが全然合わないし、どっちの足出すんだっけ??ってなる。

足がまごまごする。

プレイ中に頭で考えても遅い。

練習中に身につけて、体に染みつけないと左右ランダムのボールには対応できない。

困ったことになった。

 

そんな中、あるレッスン中にコーチのアシスタントの方に「何かしたいことありますか?」と聞かれたもんだから、正直に「ボレーのステップが退化しました!」と答えた。

とにかくボレーを見てもらう。

何度かしているうちに、「分かりました!」と堂々たるコーチアシスタント。

アシスタントの方曰く、「ステップが多いです。ステップ1回で動かず右足、左足です!」。

なるほど。確かにステップまごまごしている。

ステップが多いのは迷っているからだろうな。

気持ちステップを早めにして見極めよう。

すると気持ち位くらいタイミングが合う!

 

いまだに左ボレーの時どっちの足先に出すんだっけ??ってなるけど、進歩ですね。

後は繰り返して体に覚えさせればレベルアップ!

 

ついでに前からの癖でボレーの時にラケットを前に構えるのだが、

自分はやや下(腰のあたり)に構えることが多い。

前述とは違うコーチから指摘され、もっと上に構えれば何時でも対応できる様になるよとアドバイスをもらう。

なるほど。

それ以降、ボレーのコンマ何秒か反応速度が上がった気がする。この差が重要。

 

反応速度といえば、この歳になり致命的に反応速度が遅くなった。

特に初動が遅い。

ネット側にボールに落とされ、自分が取るしかない!

って時に全力疾走するわけだが、一瞬反応できない。

「足が速い!」と生徒・コーチ共に言われるほど、まだコート内くらいなら動ける(さりげない自慢)けど、反応できないのは歳だろう。

 

自分が今出来るのは、経験に基づく相手が打つコースの予想。

あとペアがミスをした場合のフォローを推定していれば、何とか初動も早くなる。

予想外の場合でも動ける様に日々鍛錬したいものです。

 

ゴールデンウィークも行けるときはレッスン行こう。

振替がまだまだ残ってるし!

テニスのスランプ脱却か!?

ここのところ土日はレッスン2コマ。

早朝から始まり連続だったり昼過ぎだったり。

 

ラケットを変えた時からフォアハンドのストロークが全然打てなくなった。

元のラケットに戻しても変わらなかった。

主にボールが当たる瞬間に面がぶれる。

コーチに指摘されずとも自分でわかる。

なんかおかしい、と。

でも解決法が分からない。

こんな日々を過ごしていた。

 

そんな時、コロナで溜まったいた振替レッスンにて、いろんなコーチから教わることに。

武者修行と思い、この機会に基礎に立ち返るにしよう。

 

あるコーチの教え方がフィットした。

コーチの教え。

・テイクバックを少なめにする。

・ゴルフのスイングの様に振り子のイメージ。(ゴルフの経験少ないからよく分からない)

・スイングは地面と並行に。(ちょっと語弊があるけど)

重要なのが3番目のボールがラケットに当たった後。

左足の位置でボールを打ち、そのまま押し込む様にスイングする。

このスイングだと面がぶれにくい。

ブレ様がないという方が正しいか。

言われてみれば専属のコーチも似たことを言っていた。

専属コーチ「ラケットに当たった後にボール5個分押し出すイメージ」

なるほどね。ようやく理解した。

 

この点が軟式と大きく違う気がする。

昔のことなので記憶違いもあるかもしれない。

打つ場所は腰のあたりで、打った後は首に巻くイメージで全力でスイングしていた。

これだと硬式だと全くコートに入らない。

 

どうしても「首に巻く」イメージが取れていなかった。

この場合、横にスイングすることになるので安定しない。

「押し出す」イメージに変えると、勝手にスイングが上に行く。

これを「縦打ち」と呼ぶそうな。

コーチにも言われたけど、調べてみるとネットでも出てきた。

www.tennis-winner.com

 

 

この点を意識しつつ、まずは軽ーく近距離の相手にパスする感じで練習。

これをどんどん距離を伸ばして、何だか感覚を掴んだ。

この練習法も自分の中での大きな変換点。

ゆっくりストロークすることで頭の中でイメージが固まってきた。

それ以来、じわじわ打てる様になった。

今では新ラケットが手に馴染んでいる様な感覚。(購入して半年。ようやく)

以前よりも割と重いラケットで、その重さも利用して打っているので、無駄な力も入ってない気がする。

パコンという音からして違う。

 

スランプ脱却し技術が向上したのか何だか良い感じ。

テニスの練習でよくある「コーンに当てる」というもの。

これのサーブバージョンで4箇所あるコーンを全て当てたら終了(時間制限あり)をやった。

生徒全員で行うが、その時は5人しかいない(普段は多ければ14人とか)。

自分はこの手の練習が苦手だが、なんと4箇所中2箇所早々と自分が当ててしまった。

周りからは歓声。コーチからはスナイパー認定。

ウッキウキになるがその後は全くダメ。

結局2箇所残したまま時間切れとなる。

ともかく力を抜いたサーブであれば、かなり良くなったと思う。

 

何故かわからないけど、バックハンドまで安定してきた。

良きかな。

 これだからテニスは辞められない。

自分のてんかん発作の症状を整理した

自分の「てんかん」に関する症状整理。

まず、自分のてんかん発作は大人になってから発覚している。

記憶にある限り、幼少期には発作は起こしていない。 

 

70%~80%の人が薬や治療でコントロールできる。残りの20%~30%の人は制御が難しい。

てんかんは部分発作と全般発作に分かれるが、部分発作の症状が出る人よりも全般発作が出る人の方が完治は難しいとか。

ちなみに自分のてんかん症状は「全般発作」に分類される。なんてこった。

とは言え、現在服薬によってある程度コントロール出来ている。

 

発作が起きると「意識障害」「痙攣」「全身硬直」「泡を吹く」が症状として出ているみたいだけど「意識障害」以外は見ていた人から聞いた話なので自分じゃわからない。

意識飛んでるからね。

ついでに言うと、自分の場合、意識が復帰した時に強い目眩・吐き気・熱を伴うことが多い。

 

過去に高確率でてんかん発作が起きたと数えられるのは6(5?)回。

・大学卒業旅行:早朝に起きた記憶は少しだけある。気づいたら救急隊に色々と質問されていた。そして救急車で病院へ。どういう症状が起きたか、結局なんて診断されたか覚えていない。今思うとてんかん発作。

 

・家でシャワー中:シャワーを浴びている時に倒れたっぽい。前妻が、大きな物音がしたから呼びかけたけど反応がないので風呂場に行くと自分が倒れており、痙攣してたらしい。車で近くの病院へ。目眩と熱があったことは覚えているが、診断結果は不明。今思うとてんかん発作。

 

・通勤中電車内:立って吊革握りながらウトウトしていた。気づいたら車掌さん?駅員?のいる部屋で寝かされていた。記憶は無いがサラリーマンと思われる人が介護してくれたらしい。そして名前も告げず去って行ったとか。カッコいい。全身硬直していたと聞かされた。近くの病院を案内されたので徒歩かタクシーだったかで向かったが、診断結果は不明。今思うとてんかん発作。多分かなり熱があったぽい。しかも家の鍵を無くし、鍵の救急車を呼ぶ。初めての体験。ドアスコープを外し、そこから90度に曲がった棒を突っ込んで内鍵を外してた。凄い。でも怖い。内鍵カバーは役立つんだな。でもそれがあったら家に入れていない。

↑の症状後、上司の勧めもあって原因を特定するべく大きな病院(お茶の水)へ行って、脳波を測った結果、てんかん波が出ていて病名がついた。それからてんかんを専門とするクリニックに通うことになった。しばし症状は安定していた。

 

・実家にて:前妻を亡くし2ヶ月後。夜中?に発作。病院へ行く(救急車?)もそこでは担当できないと言われ別の病院へ。別の病院にて薬の血中濃度について測定結果を素早く反映させるため入院することに。夜中に徘徊したり被害妄想もあったので、別の精神異常も合わさっていると思われる。ちなみに医療保険に入っているので入院代が少し返ってきた。

この時期以降、てんかん含む体調の悪化が続く。現在は少しマシになっている。

 

・会社で昼寝中:会社の昼休みは昼寝をするのが日課だったが、発作が起きたらしい。救急車にて病院へ。先輩が付き添ってくれた。ありがたい。発作時、周りはざわついた様だが、発作持ちであることは公言していたため、誰かが「お薬手帳か症状について何か持っているはず」と鞄を探ったとか。確かにお薬手帳は常時持ち歩いている。その対応すごい。

 

・新幹線の中:出張帰りにウトウトしていると車掌さんに起こされた。何だか気持ち悪いしフラフラする。どうやら痙攣を起こしたのを周りの乗客の方が気付き車掌さんを呼んでくれたらしい。もう最寄駅だったので普通に帰る。乗客の方が付き添うよと言ってくれたが、慣れてきたので断った。良い人だ。

 

上記以外のてんかん発作か分からない記憶にない行動をとっている。

・家の中を徘徊した形跡

・倒れたのか、床および顔面が血だらけ(鼻血?)

・トイレの操作リモコンを壁から剥がし取る(普通は取れない)

・お風呂のカランとシャワーの切り替えるカバーを外す

・玄関とリビングの間のドアに激突する

・お風呂のドアを取り外す(複数回)

・玄関にあるホウキを抱いてベッドで寝ている

・カーテンを引っ張り、レールとの繋ぎ部分(プラスチックのやつ)を破壊。

分かっているのはこんなとこ。

見た目に現れていないだけでもっとあるだろう。

ちなみに、強い吐き気、目眩、熱を伴う。そのためてんかん発作と結びつけている。ただ確証が得られないため、クリニックの先生も発作の回数には数えていない。

痙攣による副産物であろう血塗れ事件とカーテンはなんとか理解出来ないことはないが、後が意味不明。微かに記憶にあるけど、何とかしないとという謎の意識に支配されている。

ホウキは特に謎。別に好きでも何でもない。

 

先生も言っていたが、基本的に寝不足に要注意。あとは薬の飲み忘れ。

嗜む程度には大丈夫と言われているがお酒は可。

 

自分の傾向を鑑みるに、ストレスが与えられた後に脳が緩む(昼寝等)と発作が起きやすい。

あとはコーヒー、ストレスも大敵だと思う。

脳に刺激があるものはダメかと思われる。

どんどん縛りが増えていく・・・。

てんかんと自立支援制度

ここ数日夜中に「てんかん発作」が起きたっぽいので、てんかん話でも。

ちなみに体調はそこそこ復活。

体調悪い時のブログ更新はストックから。 映画とか食事についてストックが少しある。

 

んで、前にも書いたかもしれないが「てんかん」は自立支援医療制度の対象である。

自立支援医療制度を利用すると診断や薬の費用について自己負担分が1割になる。

現在、会社(管工業健康保険組合)から交付されている健康保険証(まあ一般的な保険証と同じだけど)を用いると自己負担分が3割なので、割と差分が大きい。

 

数ヶ月に一度の検診は大したことないが、薬代が大きい。たまに他の病状で病院に行き処方してもらうと、その差にびっくりする。1日に飲む量と期間がそもそも違うからかもしれないけど。

最初だと問診が長いので、検診料が高い。最近は「変わりないですか」「変わりないです」程度なのでそこまで費用はかからない。ただ、てんかんと同時に前妻に関する精神療法も加算されるため、長々話していると高くなる。

 

主なクリニック診療費として

・再診料

てんかん指導料

・脳波検査←半年に一度程度。発作が起きれば、その時も。

・血液検査←半年に一度程度。

・診断書発行←1年に一回は何かしら必要になる。一回3,300円。たぶん自己負担10割。

・精神科専門治療 

上記と薬局にて

・薬剤料(バルプロ酸・・・200mg6錠/1日、イーケプラ500mg4錠/1日、カルバマゼピン100mg2錠/1日)を日数分

が必要。

 

てんかん自立支援医療制度では精神科専門治療は違う気がするから対象外として軽く計算してみよう。

 

先日行った時などの費用(3割自己負担分)を基に年間費用を計算。

・再診料、てんかん指導料等:1,177円/2ヶ月→7,062円/年

・脳波検査:3,452円/6ヶ月→6,904円/年

・血液検査:1,204円/6ヶ月→2,408円/年

・薬剤料:16,620円/2ヶ月→99,720円/年

合計:116,094円/年

 

1割負担にすると、

116,094(円/年)÷3(割負担)×1(割負担)=38,698(円/年)

となり、差分は

116,094(円/年)-38,698(円/年)=77,396(円/年)

となる。

年間7万7千円負担が軽くなるのか。大きいな。

ちなみに先日行った確定申告の医療費控除では1万9千円くらいだったので、その点でも大きい。

 

ん?1割負担になった分、次の医療費控除が安くなるんだな?

でも昨年分を見る限り、計算上は1割負担にした方が家計が助かるのかな?

自分の様な医療費のほとんどがてんかんの人は自立支援医療制度を活用した方が良いと思われる。

逆に医療費控除の割合が多い人は適用しないほうが良い計算かな?

 

ちなみに実は面倒で申請していなかったのだ。

申請には診断書、保険証、所得が確認できるもの書類を区役所に持っていく必要がある。

書類等を集めるのは簡単だが、区役所に行くのが面倒。

申請するなら、先日マイナンバーの電子証明書更新で行った時についでが良かったな・・・。

 

 

https://www.jea-net.jp/wp-content/themes/jea-net/img/page/jea/system/system_pdf_01.pdf