kappiiのグリーフとか

32歳の時(2018年)に亡くした妻へのグリーフ

(ビール風)ビアリー 香るクラフト

ビールじゃないけどビールカテゴリ。

 

美味しいお酒を色々紹介してくれる同僚から。

デザインが好きで気になっていたビールテイスト飲料

ビールじゃないからスルーしていたけどセブンアプリの無料クーポンがあったので買ってみた。

セブンの戦略にまんまとハマっているね。

 

■ビアリー 香るクラフト

種類:ビールテイスト飲料

メーカ:Asahi

アルコール度数:0.5%

f:id:kappii:20211020124430j:image

f:id:kappii:20211020124437j:image

f:id:kappii:20211020124444j:image

f:id:kappii:20211020124455j:image

 

感想:

グラスに注いでみたらちゃんと泡立った。

ビールもどきは泡立ちにくいものが多く、泡も好きな自分としては悲しい思いをしていた。

香りは白ビールそのもの。

ちょっとびっくり。

そもそも「ビールテイスト」なので期待していないのでハードルは低めだが。

飲んでみるとフルーティ。

缶に記載がある通り、フルーティな香りとコク。

クラフトビールというには少し弱いけど、言い換えれば飲みやすい感じ。

ノンアル独特の飲み終わりの臭さも感じない。

アルコールがないから少し物足らないけど、「ビールの気分!でもアルコール度数高いのは・・・」という日にオススメ。

 

流石、のんべえの同僚だ。

このシリーズは白、黒があるので次は黒を試したいと思う。

www.asahibeer.co.jp

はてなブログ10周年特別お題「はてなブロガーに10の質問」

今週のお題は何かな?と思ったら4つも出てきてびっくり。

はてなブログ10周年記念ということで特別キャンペーンらしい。

出来れば全項目書きたい。

今回は

 

はてなブログ10周年特別お題「はてなブロガーに10の質問

 

ということで下記質問に答えていきましょ。

ブログ名もしくはハンドルネームの由来は?

ブログ名「kappiiのグリーフとか」、ハンドル名「kappii」

開始直後は「kappiiのグリーフ」。

kappiiの由来は内緒です。

本当は「かっぴー」

すでに使われていたりと簡単にアルファベットに表せなかったので

現在の「kappii」に落ち着きました。

今でもスペルを覚えきれていません・・・。ごめんよ、かっぴー・・・。

 

「グリーフ」を単純に日本語に直すと「悲嘆」。

喪失体験に伴う悲しみを含む様々な感情を表します。

ブログの書き始めた時期はグリーフ状態で心があまり正常ではありませんでした。

文章に起こすことは「グリーフケア」に繋がるという話から思いの丈を綴ろうとブログを書き始めました。

ですが数か月後には日常生活の出来事を書くことが増えてきたので現在のブログ名「kappiiのグリーフとか」に変更しました。

”とか”だけで色々書けるのは便利ですね。

 

はてなブログを始めたきっかけは?

先に書いたとおり、「グリーフケア」が目的です。

「前妻」と死別して「グリーフ」状態となった自分を変える手段の一つと思いブログを書き始めました。

何が起きたのか、自分がどうなっていたか、「出来事」の直後は記憶があいまいな時期が続いており、自分の行動を記録するため。

また、心を整理するのも目的の一つでした。

 

自分で書いたお気に入りの1記事はある?あるならどんな記事?

どれもこれも文章は下手だし記事の内容も稚拙なので「お気に入り」はまだありません。

今後は自信をもって「お気に入り」と言える記事を書きたいです。

ブログの裏目的が「成長」なので、1つに絞りきれないかもしれません。

 

ブログを書きたくなるのはどんなとき?

新しい出来事があった時です。

特に嬉しい何か。

美味しいものを発見した時。

面白いことがあった時。

バイオリンの技術が向上した時。

お酒を飲むとよりブログを書きたくなりますね。

アルコールが入ると大概意味不明な文章になりますが・・・。

 

下書きに保存された記事は何記事? あるならどんなテーマの記事?

現在4記事です。随分と減っちゃってます。

ほとんど新しいビールの感想。

ネタが無くなった時にアップするので、旬を過ぎていることが多いです。

 

自分の記事を読み返すことはある?

料理のレシピを見返すことは多いです。

あと偶にグリーフ関連の記事も。

少しテンションが下がるので程ほどにしていますが。

 

好きなはてなブロガーは?

特定のブロガーさんはいません。

面白いブロガーさんだ!って思うことはあるのですが、忘れちゃうんです・・・。

 

はてなブログに一言メッセージを伝えるなら?

アプリ版の機能をもっとWEB版に近づけて欲しいです。

 

10年前は何してた?

社会人になって2年目、自分が学んできていない新しい分野の仕事ばかりでてんてこ舞いだった気がします。

と言いながら行きつけの居酒屋も作りつつ一人暮らしを謳歌していたかも。

 

この10年を一言でまとめると?

「後悔先に立たず」

やりたいことがあっても出来なくなる。

二度と出来なくなることもある。

様々な場面で実感した10年。

だから、やれるうちにバイオリンを習い始めたし居酒屋の開拓も行った。

また大切な人と出会うため婚活を行った。

辛いことも多いけど何事においても前向きに生きようと思う10年でした。

後輩の指導方法は考えさせられる

仕事で後輩の指導方法は誰もが考えさせられることであろう。

最近教育資料を作成しているので教育しているイメージを思い浮かべる機会が多い。

一応マイルールを持っているので整理してみた。

 

・打合せで後輩と一緒にやった内容はそれとなく名前を出す。

責任を押し付けるわけではなく、ちゃんと後輩も関わっているというアピールを上司や他の同僚にするためである。

これは完全に先輩の影響。

先輩がちらほらと名前を出してくれているなーと感じたことがあり、その時嬉しく感じたから。

 

・後輩からの質問はたとえ同じ質問であろうとも「分かるまで聞いてくれ」というスタンスを持つ。

これに関しては、自分で考えさせるためにも「二度言わせるな」という反応もアリだと思う。

先輩は「この前言ったでしょ」と言うタイプ。

しかし自分がされると次に質問しづらくなってしまった。

そのため質問しやすい環境を作ったほうが心労的にも良いと考えるようになった。

だから自分は分かるまで聞いて欲しいと思う。

また何度も聞かれるのは教え方が下手であるかもしれない。

教え方や自分の理解度の確認のためにも聞いて欲しい。

 

・指導は道を示すイメージ

これは「ARIA」アリシアさんの影響も大きく受けている。

アリシアさん曰く、

 

「『違う』『違う』と叱り続けていたら、アリア社長は間違えるのがだんだん怖くなって、最後には身動きできなくなっちゃうと思ったの」

 

「もし社長と一緒にスイカ割りをするのなら『そっちじゃない』『そっちじゃない』ではなく、『こっち』『こっち』と声をかけつづけるわ。それが私のやり方」

 

「先輩として後輩を指導する時に、どうしても上手くいかないことも起きる。そんな時つくづく思うの。ああ、教えることと教わることって、実はとっても似ているんだなって」

 

道を強制するというよりはそれとなく方向を示す感じ。

 

様々な指導スタイルがあり何が正しいかも分からない。

上司からは、「もっとバシッと決める立場だよ」とちょくちょく言われる。

なかなか性格的に矯正は難しい。

 

結局のところ、指導される側のモチベーションを上げる方法を考えてたいと思う。

(映画)アンダーワールド観た

ジャケットのかっこよさに惹かれて観てみた。

 

タイトル:アンダーワールド(字幕版)

上映年:2003年

上映時間:2時間1分

製作国:アメリ

ジャンル:アクション

監督:レン・ワイズマン

主演:ケイト・ベッキンセール

概要:ブラックレザーのロングコートに身を包み、夜の街を見下ろす一人の美女。その正体はヴァンパイア、名前はセリーン。長年戦い続けている宿敵、ライカン(狼男族)の処刑人である。吸血鬼一族と狼男一族の間に続く、何百年にもわたる戦いを描く。

アンダーワールド - 作品 - Yahoo!映画

 

感想:主人公が綺麗でかっこいい。

クールビューティー

アクションシーンもあり、バイオやマトリックスを彷彿とさせる。

2丁拳銃ってかっこよいね。

 

そういやヴァンパイアって、

 影がない

 狼に変身できる

 鏡に映らない

とかの特徴があった気がするけど本作では身体能力の向上と吸血によるヴァンパイア化くらいが自分の認識と同じ。

自分のヴァンパイアのイメージは「悪魔城ドラキュラX」「物語シリーズ」によるものだから、かなり偏っているかもしれない。

 

身体能力が高いんだからもっと色んな戦い方をした方が良いと思うけど基本銃撃戦。

やはり現代の武器は強いのか。

裏では格闘の特訓をしている様子も映っている。

 

狼男(ライカン)に噛まれたら狼男になるっけ??

そういや狼男の知識ちって満月になると返信する、しかないな・・・。

 

まあ、進んでいくとしっかりしたストーリーが展開され、そんな設定気にならなくなる。

 

最初はセリフや説明もないアクションシーンも多く、カッコ良い主人公をただみるだけ。

だがそれも良い。

 

最新の科学と融合も面白い。

イカンが物理で頑張ってる中、ヴァンパイアはよく分からない武器で戦っている。

 

ゲーム化しても面白そう。

アクション重視でね。

 

シリーズの他の作品も見てみようと思う。

今回は字幕版を観たけど、どうしても目線が下にいく。

雰囲気や映像をしっかり楽しむためには今後吹替え版の方が良いのだろうか・・・。

主人公の吹替えは「田中敦子」。攻殻機動隊草薙素子の人。

カッコいい女性のイメージが出来ているので合っていると思う。

(ラーメン)壱角家の油そば食べた、がマヨネーズを入れすぎた

全国チェーンである「横浜家系ラーメン壱角家」。

全国とっても関東中心に展開。

行ったことあるのは日吉店のみ。

 

いつも日曜日の昼過ぎに行っている。

お昼は満席であることが多い。

バイオリンのレッスン前後にお店の前は通るがレッスン後には適度に人が居なくてちょうど良い。

バイオリンのレッスン後に行っている記事は良く書いている。

このお店は家系ラーメンだけでなく豚骨ラーメンや油そばもメニューにある。

ほぼ家系ラーメンを注文していて、お気に入りは「家系ラーメン 塩味」。

正直なところ何が塩ラーメンなのかよく分からないがクリーミーでとても美味しい。

後先考えずにニンニクを追加で入れ食べるのが良い。うまうま。

 

そんなある日、バイオリンレッスン後の少し遅い昼食に家系ラーメンか回転寿司か迷っていた。

お店が満員だったら回転寿司にするか、というくらいラーメン脳になっていた。

今日もお気に入りの「家系ラーメン 塩味」で濃いめ、脂普通、麺普通にしよう!とまで考えてた。

しかし看板の中で目に入ったのが「油そば」。

そういや油そばとかあったな。

「ちょっと食べて見て」と言われている気がする。

ほぼラーメン脳でありラーメン腹だったがを決して油そばの食券を購入(胃だけに)。

少しお時間かかりますと言われる。

他のお客さんが頼んでいた時に聞いていたので知っている。

 

ちなみにこのお店は店員さんの愛想も良く居心地が良い。

紙エプロンもあるしお気に入りの服や白い服を着ても大丈夫。

さらには荷物かごもあるからバイオリンも直接床に置かずにすむ。

これは大きい。お店の床自体はラーメン屋さんだからか少し油っぽいので助かる。

最初に入った時に「楽器こちらにど〜ぞ!」と言われたのを覚えている。

いや、とんこつラーメン「がっとん」の方か??

ま、まあともかくサービスが行き届いている。

 

ほんで感想。

まずは混ぜる前の状態。

f:id:kappii:20211012152527j:image

トッピングはオプション無しで水菜、チャーシュー、白ネギ、メンマ、海苔。

麺の下にタレ。

そして黒酢とマヨネーズが別で置かれる(写真奥)。

何を血迷ったか通常を楽しむ前に黒酢とマヨネーズをかけてしまった。

しかもマヨネーズ多め。

それで混ぜた直後の状態。

f:id:kappii:20211012152535j:image

美味しそう。でもマヨネーズ多いね。見るからに多いね。

食す。

美味しい。マヨネーズ美味しい。

いやマヨネーズなくとも美味しいだろう。

タレの濃さが良い、と思う。なんにしてもマヨネーズ味にしてしまった。

テーブルに置いてあるニンニクとタマネギを追加。

タマネギの辛みを良い感じに味変してくれる。

注意書きに「少しずつお入れ下さい」と書いてある通りかなり味が変わる。

しかし今日の自分は行動が大雑把。一気に入れる。辛い。でもマヨネーズも多いから丁度良い。

美味い。

この量では正直腹8分目だった。

大盛りも同じ値段だったので大盛りでも良いかもしれない。

 

油そばは名古屋で良く食べていたから知ったかぶったけど奥が深い。

トッピング次第で味が激変する。

壱角家の油そばの通常トッピングは正直最小限というか最適。

ここに濃い味を加えていき自分好みに変えるのが良いと思う。

次は黒酢多め・タマネギ控えめから始めて、マヨネーズをじわじわ増やす手法を取りたいと思う。

後、帰り道で思い出したのだが何か足りないと思ったらたまごが無かった。

次はたまごもつけよう。

 

ichikakuya.com

(コーヒー)SHOT&BREAK飲んだ

発売されたのは少し昔のボトルコーヒーを飲んでみた。

 

ジョージアから発売されている「SHOT&BREAK」。

CMを見る限り売りは

「缶コーヒーにキャップを付けたような感じ。」

だったと思う。

ほう、買ってみようではないか。

 

という事で「BLACK」と「微糖」を買ってみた。

f:id:kappii:20210711151518j:image

 

買った後に気づいたのだが、缶コーヒーとボトルコーヒーを比べるとボトルコーヒーの方が美味しいイメージ。

その缶コーヒーをボトルにした!?

どういう事だ!?

 

WEBサイトを調べてみると、

「缶コーヒーのような飲みきりサイズにキャップを付けました。」

つまり飲みきりサイズがポイントで、

カバンにも入るし飲み残しや倒してこぼす心配がないって。

 

うーん。

飲み切るなら缶コーヒーで良いのでは?

少し多めが飲みたいからボトルコーヒーが求められているのでは?

しかし、以前記事にしたボトルコーヒーも少量である。

現在のトレンドが少量のボトルコーヒーなのであろうか・・・。

分からんがとりあえず飲んでみよう。

 

■BLACK

缶コーヒーっぽくない。

というか割と美味しい。

深みがあるというかなんというか。

正直期待していない分、美味しかった。

f:id:kappii:20210711151541j:image

 

■微糖

 コーヒー部分が濃い。

そして甘くも苦くもない。

いや、何方かと言えば苦いか。

つまり微糖。

ミルクも効いている。

バランスが良い。

ブラックじゃない気分の時は最適かも。

f:id:kappii:20210711151614j:image

 

CMでやってたからってだけの理由で買ったが、そこそこ美味しかった。

いやー、色々試して見るもんだな。

正直、ずっと売っているかというと微妙なところだが

これからは小さいサイズのボトルコーヒーないし飲料水が流行るのかもしれない。

そういや紅茶や日本茶も細いの売ってるしね。

(バイオリン)ポジションが増えてっけど大丈夫??

前回のバイオリンレッスンにて初めて「第3ポジション」なる音階練習が始まった。

今までは基本の第1ポジションのみで音階練習および曲を弾いていた。

何故か第2ポジションはスルー。難しいのだろうか。

 

今までは同じ左手の位置で指だけを変化させていた。

ポジションは左手の位置を示す。

バイオリンは弦の位置が手前になるほど高音になる。

ポジション移動によって左手自体を手前に移動させることで、基本の第1ポジションの左手の形を変えずに高音を弾くことが可能になる。

ポジションを変化させる時だけキュッと左手ごと手前に滑らせ、また戻す。そんなイメージ。

左手自体の位置が変わるので正しい音を取るだけで一苦労。

 

課題では「第3ポジション」の音階練習が増える。

先生も苦労すると思っていたのだろう「難しいと思うからスラーなしの一音ずつで弾いていきましょう」とのこと。

しかし自主練習中私の技術が爆発する。

レッスン翌日から何故か「第3ポジション」がほぼ弾ける。

課題曲は全く弾けないのに、意に反して左手の移動しても弾ける。

自分やべーな!開眼したか!?

※これは後々気づくのだが、まだ初心者用のテープが一部残っており、これがポジション替えに丁度良い場所なだけだった。

この時上手く弾けないのは第二弦であるA線の小指のみ。

「ソ」を示し、第一弦であるE線の中指を抑えたときと同じ音が鳴るはずなのだ。

(A線を手前に弾くと音が高くなっていき、E線と同じ音になる。)

しかし一向に綺麗にならない。

「音が違う」ことは分かっても「どうすれば正しくなるか分からない」のだ。

高いか低いかも分からないから色々試すしかない。

段々訳が分からなくなり、もはやE線の方もあっているのか分からなくなる。

こういった時ピアノがあると音調しやすいと思う。

 

なんとか形にした状態にてレッスンを迎える。

練習期間1週間。

先生からの指導を受ける。

自信あった小指以外は良い反応。いいね!

しかし小指は上手く弾けない。

どうやら音が少し高すぎるようだ。

何回か繰り返すと次第に良くなる。自分でもよくわかる。

褒めて伸ばすモードの先生曰く「弾く度に良くなってます!」だってさ。(どやさ!)

弾けると思われたか課題に第4ポジションと第5ポジションが追加される。

いやー無理っしょ。と心の中でつぶやく。

f:id:kappii:20211012163535j:image

 

とりあえずレッスン時間中はなんとか弾けたけど絶対後で混乱するやつだ。

ブログにも書いて頭を整理するようにしているけど追いつかない予感。

実は♯や♭の概念すら最初は大混乱。

私は音楽が昔から苦手で授業でも5段階中2を取った経歴を持つ。

別記事か何かで一旦整理しよう。

基本メモは取らないという新入社員だったら怒られるようなことをしているので、なおさら。

苦手は工夫でカバーだ。

何より楽しいからいつかは何とかなるでしょう。

 

この日はこのポジション練習に時間を費やしすぎて課題曲の指導が短め。

その上でも時間を少しオーバーしていた。

次のレッスンの人ごめんなさい・・・。